May 7, 2006

American-style "chic" movie


Director: George Clooney
Cast: David Strathairn, George Clooney

Last November my movie-friend, currently studying cinematography in NYC, told me, “You are right! George made it, he showed a remarkable talent in his recent work neither as an actor nor as a producer, but as a film director.” Since then, I was longing to watch the movie “Good Night and Good Luck.”
All the scenes were shot in the same TV studio set, and interestingly every shot is covered by dim gray smoke of cigarette. And basically no BGM, just sometimes songs of Jazz singer, Dianne Reeves, were inserted between the scenes. It made the screen real heavy and dark, reflecting the atmosphere of 1950’s communism-persecution-era. Message in this movie is straight forward, but it obviously does not appeal to whole variety of audiences, in other words, it cannot make money. So what motivated George Clooney to create this movie is not just for making a tribute to his father, who used to be a news reporter, but also for purely pursuing what is cool by showing a justice of journalism through cool cinematographic techniques. This movie definitely realized me that to be cool is really cool!!



去年の11月だったか、久々にニューヨークで映画勉強中の友人と話をしたときのこと。「ちゅうくんの言ってたとおり、ジョージ・クルーニーがついにキタよ!!最新作で、彼もついに才能開花したよ。俳優としてでもなく、プロデューサーとしてでもなく、監督としてね。」そんなアメリカからの先行情報を聞いちゃ、いてもたってもいられるわけがない。先日、そんな首をながーくして待っていた「グッドナイト・アンド・グットラック」がついに日本でも公開しました。全てのシーンが同じテレビ局のセットの中での撮影。それら全ての画面に漂う灰色の煙草の煙。そして、シーンのところどころに挿入されるダイアン・リーブス扮するジャズシンガーの妖艶な歌、それ以外には基本的に全篇BGMなし。それらの全ての演出がうまーく、50年代の反共産主義時代の重く、暗い空気を作り出しています。この映画に込められたメッセージは単刀直入。でも、もちろんこんなモノクロ映画が世の大勢に受け入れられるわけがありません、つまり金にならないってこと。で、何がジョージ・クルーニーをこんな映画創作に駆り立てたのだろう?そりゃたんにニュースキャスターだった父への敬意を示すって為だけじゃなくって、むしろ報道の正義を題材として、あらゆる技術を駆使し、純粋に「クール」って何かを追及したかったんじゃないのかな?この映画を見て思えたよ。格好つけることってわるいことじゃないじゃん、ってね。