May 17, 2006

Building Breakthrough Ideas

I got a great opportunity of two days training at work. “Building Breakthrough Ideas;” it sounds like the seminar talks about something fancy and imaginary, but actually it was very practical and valuable to learn. After several days passed from the lecture, I still remind an important keyword, “Make it concrete.”

For example, Toyota Motor Corp. declares seven principles on their website. “Pursue growth in harmony with the global community through innovative management” is one of them. For me, it is too ambiguous to imagine the meaning. On the other hand, Google Inc.’s principle is presented as ten findings which is concrete enough for everybody to understand their policy as easy as possible. One of their finding states “You can be serious without a suit.” They seriously call it out as one of ten corporate policies. If you were an employee of those companies, which principle can you imagine the idea more concretely and feel more motivated to devote yourself to the company? The answer is obvious. The more concrete the description of idea is, the more it has a power to inspire people. And more interestingly, the level of concreteness varies each person. That’s why communication with proper concreteness evokes people’s inspiration in their conversation. Concreteness is definitely one of important keys to inspire our creativity and produce good idea.



仕事の一環で「発想力強化トレーニング」という二日にわたる講習を受ける機会がありました。名前からすると何か愉快な突拍子もないアイデアについての講習のように聞こえるが、実際の内容はとても実践的でためになるものでした。講習から数日たった今でもひとつ覚えている重要なキーワードがあります。「具体化する」こと。

例えば、トヨタ自動車の基本理念の一つに、「グローバルで革新的な経営により、社会との調和ある成長を目指す。」とあります。なんか抽象的すぎてイメージが湧かない。一方、グーグルの経営理念は、10の発見という形で表現されているが、どれも万人に容易に理解できる形に具体化された記述になっている。そのうちのひとつに、「スーツがなくても真剣に仕事はできる。」というものがあるが、そんなことを真面目に10の基本理念のひとつに掲げてしまうのである。もしあなたがいずれかの会社の従業員だったとすると、どっちの会社の理念に対して、具体的なイメージがわき、共感を覚えるだろう?答えは明白である。考えは、より具体的に表現されればされるほど、より人を刺激する力がでてくる。さらに面白いことにその具体化のレベルは各人によって異なる。そのため、適切な、(もしくは話し相手によって異なる)具体性のあるコミュニケーションはその会話の中でよりお互いを刺激することになるのである。具体化は間違いなく、私たちの想像力を刺激し、よいアイデアを生み出す秘訣に違いない。