August 6, 2017

瀬戸内の楽園「うさぎの島」へ癒やしの旅

うさぎの楽園、大久野島
穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小さな島、大久野島。

周囲4km程しかなく民家も全く存在しない小さな島ですが、この島には1000羽を超える(と思われる)野生のうさぎ達が住んでいます。夏休みを利用して、そんなうさぎと戯れてきました。久しぶりにブログを更新したくなっちゃうくらい、期待以上に楽しい島旅でした!



忠海港フェリーポート
大久野島(通称うさぎ島)へ行くには、広島県竹原市(尾道の少し西)の忠海港からフェリーに乗ります。フェリー乗り場には大きなうさぎの写真がお出迎え。小さな子連れ家族はもちろん、海外からの旅行客も多かったです。

島は車両通行禁止なので車は港に止めて、荷物は担いで運びます。うさぎが大好きな葉物の野菜も、前の日にスーパーで見切り品をたくさん仕込んで来たので、持ち込みます。(米俵みたいなウサギ用ペレットを3袋持ち込んでいた強者も目撃!)

フェリー、心躍る
お酒を積んだ軽トラ、島を目指す
(左)大久野島(右)小久野島



旅情に浸る間もなく、15分で大久野島に到着。海に囲まれているとはいえ、島も暑い。。でも、宿泊先まではシャトルバスで移動なので、楽ちん。
宿泊先である「休暇村大久野島」は島唯一の宿泊施設です。つまり、島まるごと休暇村。
従業員の宿舎以外は本当にうさぎしか住んでいません。

島唯一の有人施設、南国感たっぷり
バスを降りると、早速うさぎ達のお出迎え
日中のあまりの暑さに、植え込みに避難
ホテル従業員の方の案内による朝のウォーキングに参加。彼曰く、50年程前に地元の小学校で飼われていた8匹のうさぎが島に放たれ、野生化し繁殖したのが、うさぎ島となったきっかけみたいです。

お腹が空いていると、寄ってくる

島内には2013年時点で約700羽のうさぎの生息が確認されています。聞いたところによると今では1000羽は超えるのでは、という話でした。

人懐っこく愛らしいうさぎは、実はアナウサギという種類のうさぎで世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれています。本来の生息地以外に移入した外来種の中で、特に生態系等への影響が大きい生物として指定されているのです。多産性の為、野うさぎなどと競合しない環境においては急激に増殖し、植物達を食べ尽くすらしい。。

優しく触れ合っている限りは人を襲うことはないし、民家の無い閉じた島だからまあいいか、と思いつつも、偏った生態系にいつか人間が介入しなくちゃいけない日が来るのか?と頭をよぎりました。



アナウサギ

ゼリーキャンドルのような海
その奥には、多島海景観。重なり合う島々の濃淡、心洗われる
ゆったりとした時間が流れる



陽が落ち、涼しくなると平地に現れるうさぎ達
伸びる
蒼い空
ホテル目の前で、浴衣のままうさぎと戯れる
大久野島の休暇村には家族連れが多いので、夜には地元で捕れるウミホタルの鑑賞会とかいろいろな体験イベントが用意されています。食事のバイキングも地元瀬戸内で取れた有機野菜が雑味がなく新鮮でとっても美味しかったです!



昨晩は夕陽を見損なったので、朝日を見に島の真ん中の展望台に行きました。登る道を間違ったらしく、草木が茂る細い山道では、蜘蛛の巣まみれに。。でも、道中にこんな可愛い赤ちゃんうさぎが佇んでいました。

こぶし大くらいの子うさぎ

休暇村の建物から歩くこと20分。ようやく頂上に到着。もう、陽が出ちゃってる。
穏やかな日の出
360°海
太陽の影
山頂にも



のんびりラビットアイランドの大久野島。実は戦争の歴史を伝える多くの遺跡が残る島でもあります。
島に4箇所残る砲台跡のひとつ
うさぎの楽園としての平和の島である今の姿からは想像もつかないが、嘗て大久野島は戦争の暗黒史を経験してきました。日清・日露戦争時代、軍事的に重要都市だった広島、呉を守る為、多くの砲台や弾薬庫が作られました。

今と昔
島内の至る所に、当時を偲ばせる戦争遺跡



また、第二次世界大戦時には毒ガス工場が建設され、化学兵器を製造する「毒ガスの島」でもあったのです。秘密裏に製造していた為、かつては地図からその存在を消された島でした。


毒ガス貯蔵庫跡
発電所跡
時が止まったかのような、手付かずの鉄格子
戦争知る由もなく、群れる
毒ガス資料館にて



瀬戸内の穏やかな海に時が止まったかのように感じたり、あちこちに残る戦争遺跡を目の当たりにすると当時に戻ったかのような錯覚にとらわれたり、タイムトラベル感が半端なかったです。

凪の音に聞き耳を立てる
ビジターセンター前
こんな所でキャンプできたら、しあわせー♪
朝は食欲旺盛
木陰



1泊2日で存分に満喫できるこじんまりとした、瀬戸内に浮かぶ小さな島でした。

旧桟橋でフェリーを待つ
さようならー

穏やかな海とゆったりとした時間、そこでのんびりと暮らすうさぎ達。小さくも魅力たっぷりな島で、また訪れたいと思いました。


December 19, 2016

あなたの子供は100歳まで生きるかもしれない LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

「日本では2014年産まれの子の半数が109歳まで生きる」

100歳を超えると国からありがたい銀杯が貰えます。でもそんな銀杯もこれまで純銀製だったのが今年、銀メッキに格下げされちゃいました。この調子でいくと、2100年くらいには賞状一枚すら貰えなくなってるでしょう、きっと。

「100年ライフ」

遠いようで遠くない、けっこう身近に迫ってきてるんですよね。人生100年時代。
長くなる人生を災いではなく恩恵にするためは、これまで以上により大切になることがあるとこの本は言います:


***

①選択肢の価値

不透明で変化が激しく、将来が予見しにくいような長い人生を生きることになると、
「選択肢を持っておく」ことがより重要になるそうです。

より多くの「聞いてないよー」級の変化を経験することになるので、そもそも、その時に「選べる」状況にあることが有利に働きます。
選択ミスをした場合とかも、長寿化にともない尾を引く期間も長くなるから、決断はどんどん先延ばしにされることでしょう。「本当に相性がいいものと出会うまでは」と皆、慎重になります。
晩婚化とかはそんな影響なのかもしれません。

金融の世界では選択肢はオプション(将来の決められた期日に予め決められた価格で特定の資産を売り買いする権利)といって値段がついて取引されています。
オプションの価格は幾つかの要素で計算されます。期間が長かったり予想変動率が大きかったりする程、オプション(選択肢)の値段は高くなります。
長くなったり、大きな変化が待ち受けていたりすると、選択肢の価値が増すってのは、金融の世界も人の人生も一緒なのかもしれません。


②自分探しの時間と経験

著者が「エクスプローラー」と呼ぶ自分探しの期間と経験が、後の人生を形作る大切な人生のいちピースになるといいます。

人間を人間たらしめる、遊びや即興。
一見無駄にみえるそうした行動によって、自らの価値観に気付いたり、アイデンティティや役割を考えます。目的の有り無しに関わらず、たとえ遊びであっても、育ってきた環境と全く異なる環境にどっぷりと身を置いて、他人の視点で考えたり共感する。その経験を通じて自分の軸を築いていくそうです。

大きな変化を柔軟に生き抜くための屋台骨をしっかりさせる為にも、自分探しのステージは今以上に大切になるでしょう。エクスプローラーは何もティーンエージャーといった未成年の時期に限らず、18-30歳とか、40代半ば、70-80歳の時期などに適している、と著者は言います。

我が身を振り替えると、大学卒業後アメリカをふらふらしていた時期がエクスプローラーのステージだったのかもしれません。(価値観、アイデンティティを発見したかは、さておき。。)
放浪の旅、モラトリアム、遊学を頭ごなしに否定したり、大人目線で効率を押し付けたりしないように気をつけようと思いました。


③余暇の配分

50年ほど前の1966年、日本の男女合わせた平均寿命は約70歳でした。

東京オリンピック直後の輝かしき時代。家族やプライベートの時間も顧みず身を粉にして働いた時代。定年まで務め上げ、リタイア後の残り10〜15年の余生を全く働かず余暇として過ごす、という生き方も全く違和感なく、ふつーだったかもしれません。
(ちなみに、当時は55歳以前が定年の主流でした。30年前の1986年に60歳定年の努力義務化の法律が制定。「人生長くなればなる程、働きましょう」なのでしょうか)

でも、そんな嘗てのようなリタイアを堺として100%仕事、100%余暇というモデルは、100年ライフにおいてはうまく機能しないでしょう。だって、60歳にリタイアしたとしても、余生が40年も残ることになります。長期化したアフターリタイアメントを楽しむには経済的にも身体的にも厳しくなるのは目に見えています。

つまり、余暇の多くを引退後にとっておくのではなく、人生全体に分散させましょう、と著者は言います。
そして、(特に若い期間に)散りばめた余暇はリクリエーション(たんなる娯楽)でなく、リ・クリエーション(マジメな勉強、資格取得に関わらず、上記のエクスプローラーも含む) として自分への投資に使った方がいいよ、って言ってます。
投資と一緒でまさに、余暇の長期分散投資です。働いてもらって、リターンをもたらしてもらう大切な資産という意味において、お金と時間は同じなのかもしれません。

この節を読んで思い出したのが、昔読んだノマド研究家 大石哲之さんのブログの「人生の時間軸を横に倒せ」のエントリーでした。
全く同じことがこのブログには綴られていて、「余暇の分散」を「人生の時間軸を横に倒す」と表現しています。

ちなみに、人類の長い歴史を振り返ると、テクノロジーの進化とか経済の豊かさとかの理由で労働時間は減ってきていて、その分余暇は増えてきているそうです。エンターテイメントなんて概念や産業が出て来たのも比較的最近のことだし。長寿化に伴い存在感を増す余暇をどういうふうに使うか!?っていう問題は、どう働くかと同程度かそれ以上に大切になるでしょう。

***


この本はその他いろいろ面白いことについて述べていて、
シェアリングエコノミーがもっともっと幅を利かせるようになり、「持つ」ことの意味が変わる、とか。

この本の予測が正しければ、自分も半分の確率で98歳まで生きます。
さすがに3分の1は過ぎちゃったけど、それでもまだまだ残された時間は多く、
かなりの確率でこの本が予想する未来に突入していきます。

ましてや、自分の子供の世代になると、それはもっと現実味を増すでしょう。
長寿「100年ライフ」を災いでなく恩恵にできるよう、ちょこっとずつ、行動、考えをシフトさせていこうと思いました。



リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット
LIFE SHIFT(ライフシフト)

March 11, 2016

5年前、今、5年後、50年後

東日本大震災から今日で丸5年。
日々の目の前の生活で、徐々に薄れつつあるあの時の気持ち。
忘れちゃいけないと思い、5年前のブログを今一度読み返しました。

~今できる5つのこと~ 
http://loiseaubleutokyo.blogspot.jp/2011/03/blog-post.html

地震発生から5日後。ようやく心が落ち着き、何が起こったのか整理がついてきました。
一人の生きる人として、今何をしなくちゃいけないか思いを巡らし、その時出てきたのがこの5つ。

1 冷静な対応
2 寄付
3 持続的な節電
4 ひたむきな経済活動
5 笑顔で挨拶


この5つは地震発生後の5日後だけじゃなくて、5年後、そして50年後も自分にとって大切で忘れちゃいけないことです。

5年前のおっきな出来事とまではいかなくとも、
日々、色んな出来事に遭遇します。
そんな時、必ず頭の片隅においておこうと思います。


もし、できていない私を見かけたらそっと耳打ちしてください☆

February 21, 2016

今年も的中なるか?奇才データアナリストが挑む米国大統領選挙
-US presidential election 2016-


タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた奇才の人。

ネイト・シルバー

彼は膨大なデータを用い、政治選挙やプロ野球選手の将来を予測する。
ブラピ主演の映画「マネーボール」の元ネタの人。

スゴいのは、彼の予測の圧倒的な精度。

過去の米国大統領選挙において、
2008年 50州中49州的中
2012年 50州中全州的中 ...(゚д゚)

今年も既に予備選挙が各州で始まってるけど、
そのひとつひとつも彼は予想し、
随時結果をウェブサイト上「FiveThirtyEight.com」で公開してます。


* * *

そもそも米国大統領選挙の仕組みもよく分からないし、
ましてや予想の背後にあるロジックもちんぷんかんぷん。。
彼のサイトを読み、理解することすらままならないです (´Д` )

が、

どうやら現時点では、予備選挙においては、

ヒラリー・クリントンが圧勝で民主党候補となり、
(民主党ほど圧倒的ではないものの)ドナルド・トランプが共和党候補として指名される

と、彼は予測します。

注目の、本選挙の各州における予想については、
「まだ精度よく予想するには時期尚早」2015年11月Salesforce World Tourにて
って言ってるけど、
予備選挙が終わる7月過ぎには次期アメリカ大統領について、
自信を持って何かを予言してくれるでしょう。きっと。


* * *

そんな彼が予測の極意を惜しみなく紹介した著書『シグナル&ノイズ 』で
興味深いことを述べています:

「膨大な情報には、より多くの役に立たない”ノイズ”が含まれ、真実 = ”シグナル ”が必ずしも含まれているとは限らない」

膨大なノイズの中から本当に意味のある情報だけを救い出すのがキモだってことですね。


さらには、
「数字自体は何も語らない。語るのは私達だ」

分析のインプットもアウトプットもそれ自身は主観や恣意性の入り込む余地のないハードファクトだが、
それを咀嚼し、表現し、行動に活かしていくのは、人間だけがなせる技ってことですね。


* * *

今年の年末に行われる大統領本選挙。

第45代アメリカ合衆国大統領に誰がなるのか?
そして彼は今回も、世の政治評論家の誰よりも正確に選挙結果を予言することができるのか??



シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

September 9, 2015

「シンプルに考える」森川亮さんがシンプルに語りかけてくれた事


元LINE CEOで、現在新たにC Channelという動画配信メディアを立ち上げた、森川亮さんが昨日来社され、お話を聞くことができました。

とっても刺激的で、ハッとさせられる内容のお話満載だったので、質疑応答が途切れることがありませんでした。著書「シンプルに考える」に書かれていないような、横道話や生煮え話も聞くことができました。



--------会場からのQと森川さんのA--------

[シンプルについて思うこと]
質問:著書「シンプルに考える」に書ききれなかった事とは?
「幸せとは何か?」について考えるところがある。幸せと感じる一歩手前の状況をいかに保つか。人は幸せと感じた瞬間に、甘んじる、守ろうとする。チーム、組織、自分がコンフォートゾーンに入る手前で突き放す勇気が必要。


質問:シンプルにしすぎて失敗したことはあるか?
「基本、社員に嫌われてるんですよね。」 ダイレクトに言い過ぎてしまう癖がある。


質問:どうしても複雑に色々考えてしまう人はどうすれば良いか?
人に好かれることを捨てる。人に好かれようと思ってすることは表面的。好かれなくてもいいと思い、本気で相手と向き合った先に、本当に好かれるような関係を築くことができる。


[人について思うこと]

質問:変化を受け入れる姿勢は、元から?それとも経験や訓練で身に付けたもの?
初めはそうでなく、変化に対してイラッとしたこともあった。が、変化に対してどうして自分がそう感じるのかよく考えた結果、変化を機会と捉えた方が、上手く回ることに気がついた。


質問:失敗を楽しむにはどうすればよいか?
失敗は楽しくない。楽しんでいるようでは、チーム、会社、ユーザーに失礼。意味のある失敗を積み重ねることが大切。その為には、仮説、論拠を事前に考え尽くす。


[ビジネスについて思うこと]

質問:「ビジネスにおいて、リスクやコンプライアンスに配慮することはスピードを遅くする」と言うが、それらを気にせずに失敗した経験は?
何も考えていないわけではない。Googleはヤバいことを結構やっている。Yahooは優等生だから危なすぎる橋は渡らない。LINEは両方を見て、その中間をとった。要はベンチマーク。


質問:大企業はダメっぽく聞こえてしまうが、そんな大企業へのアドバイスは?
大企業の一つのチャレンジは、計画者と実行者が別々だと上手くいかない。一緒であるべき。その為には、社内にいくつもベンチャー事業部をつくるイメージ。


[日本について思うこと]
質問:今の日本において森川さんが課題と思うことは何ですか?
メディアのあり方。まだまだタブロイド型。情報を一方通行的にばらまくのではなく、コミュニケーション型のメディアを作りたい。


質問:技術偏重など日本がガラパゴスを脱却し、成長するには?
大企業には率直に物を言う人が少ない。不要な配慮がある。日本人は人の気持ちを汲むとされるが、本当の意味で人の気持ちを分かっている日本人は少ない。色々な国、文化の人と働く上で、様々な価値観を受け入れ、気持ちを尊重することが必要。また、人(ユーザー)の気持ちを、真に製品・サービスに落とし込むこともヘタ。


質問:日本を元気にするにあたってのツボや課題は?
教育と医療。日本人はみんな先生になりたがらない。先生を魅力的と感じてもらう必要がある。産業としては農業とエネルギー業。日本の持ついいものをITで活性化できる余地がまだまだある。



会場からの質問にひとつひとつ、歯に衣着せず端的に面白く答えていく姿が印象的でした。本を読み進めていくと溢れ出すように質問が湧いてきたのですが、2つだけ伺いました。

私の質問:「ユーザーが本当に求めているもの」を生み出すことだけに集中する、というがどうやってユーザーの求めるものを突き止めるのか?
ユーザーに一番近い、現場の人間に企画立案など権限移譲する。ユーザーの声の裏にある本質を考え抜く。最近はC Channelの求心力である「カワイイ」とは何かについて考えている。


私の質問:なぜLINEを辞め、C Channelを始めようと思ったか?
LINEはある程度成長してしまったので、より成長スピード、ダイナミクスが感じられる仕事を求めて。また、若者に活躍の場を与え、メディアのあり方を変えて、日本を元気にするビジネスをまたいちから作りたかったから。--------

ことごとく世間の常識と逆をいく森川さんの考えや行動は、決して奇をてらって逆張りをしている訳ではなく、シンプルに本質を自分の頭で考え抜いた結果なんだなと、感じました。




シンプルに考える 森川亮
最近幸せと感じて甘んじているな、と思う人にオススメです!