February 3, 2005

Check your Design sense!

[Can you become a designer toward the future trend or behind the current trend?]

「あなたは未来を先行くデザイナー、それとも今の流行を追いかけるデザイナー?」

Test: This image shows six different categories of design. In each category, I chose two designs, which have extremely opposite perspective about design with each other. Now, you can choose either one design, A or B, which you like better in terms of the design from each category.

テスト:ここに6つの異なるカテゴリーのデザインがあります。それぞれのカテゴリーには、デザインに関する正反対の概念を持つ2つの選択肢があります。さて、あなたはデザイン的視点からAまたはBどっちのデザインを支持しますか?




If you chose:
all A, you are the person who can be a leader of future design!!!
five A, why don’t you team up with me!! Let’s change the world!!
four A, you grasp a sense of real meaning about design!
three A, you are the average consumer of everyday design.
two A, broaden your viewpoint, and you’ll see the design more!
one A, don’t be a good target by cheesy commercialism!!
no A, no way! Can you really pay $200 for the strange shape of fruit!!!

全てAだったあなた、あなたこそ未来のデザイン界を作りあげていく人だ!!!
Aが5つだったあなた、私とコラボレートして、世界を変えましょう!!
Aが4つだったあなた、デザインの意味をつかみかけてはいるが、あと一歩!
Aが3つだったあなた、平均的デザイン消費者です。
Aが2つだったあなた、もう少し視野を広げれば、デザインがもっと見えてくる!
Aが1つだったあなた、安っぽい商業主義のターゲットになっちゃだめ!!
Aが一つもないあなた、マジ?そんな奇妙な形の果物に20000円払えるか~!!!

This test was created based on the survey conducted by Axis vol.112, Japanese design magazine. It is trying to reveal peoples’ image about design. These six categories represent six different perspective of design such as meaning, example, expression, purpose, value, and act. Each category has two choices which are totally opposite concept with each other. For example, in meaning category, there are two choices with opposite concept, “Something close to essence or concept” and “Something with external form and outlook.” Following table shows six categories with each description of two sides.

このテストは、日本のデザイン雑誌「AXIS vol.112」によるアンケート調査に基づいています。その目的は人がデザインについて抱くイメージに関するための調査です。これら6つのカテゴリーはそれぞれ異なるデザインのイメージ(意味、具体例、表現、目的、価値、行動)と対応しています。各々のカテゴリーには2つの両極端な選択肢が用意されています。例えば、「意味」のカテゴリーでは、「本質や構想に近いもの」と「外面的な形、外観に近いもの」の相異なる概念が用意されています。以下の表は6つのそれぞれのカテゴリーとそれに属する両極の概念を説明したものです。



The 12 different design samples in the test are corresponds to each description of these 12 groups. Examples of Group A have perspective to interpret the word, “Design”, as “Idea.” On the other hand, examples of group B have perspective as “Appearance.” This survey was conducted among the reader of this magazine, that means it targeted a group of design related people, and the result actually indicates that the average of answer for each question mostly supported group A. This means that people currently consider “Design” as an idea instead of something about appearance. This attitude clearly shows the concept or interpretation of “Design” is not only within the world of shape and form but also about something further than that. This result really fascinates me, Wow,!!! making me feel “I jumped into somewhere like universe, not just a pool…” I wanna try to swim in this mysterious world until I find a clue to the meaning of Design. Do you wanna join me!?!?

テストにあった12の異なるデザイン・サンプルはこれら12のグループと対応しています。グループAの事例は「デザイン」を「イデア」と捉えるという見方です。一方、グループBの事例は「ガワ(側)」と捉える見方です。実際そのアンケート調査では、平均をとった場合、ほとんどのカテゴリーにおいて被験者(この調査は雑誌の購読者を対象に行われたため、デザインに何らかの関わりのある集団)はグループAの方を支持する結果でした。これはデザインは外観についての何かということ以上に、概念に関係する何かであるという裏づけでしょう。デザインは単なる形に関する世界ではなくて、それを超えたものであるという証明です。この調査結果は私を惹きつけるだけでなく、「プールだと思って飛び込んだらもっと広大な何かだったかも」、何かすごいものに関わっちゃた見たいな気分にさせてくれます。飛び込んだ以上、何かデザインの手がかりを見つけるまでは、この不思議な世界を泳ぎ回らないと。。皆も一緒に泳いでみないー!?!?